「相談者のこころに寄り添う」
それが私のスタンスです

小宮 豊

ストレスによって「気持ちが重たい」「もやもやしている」といった自覚症状に悩まされる人が増えています。「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」は、心療内科医・精神科医・臨床心理士という3分野の専門家である私の医療キャリアを生かして、こころの悩みを抱え込んでいる人に寄り添い、こころの奥にある原因を探り、「医療」と「カウンセリング」の両面からサポートします。

私は、相談者が「今日、ここに来て良かった」と思ってもらえるようなセッションにしたいと思っています。心理療法がカウンセリングの中核ですが、心理療法だけが良いのか、心理療法と服薬の併用が良いのか、服薬中心が効果的なのか。相談者の話に耳を傾けて原因を突き止め、相談者の気持ちを尊重したセッションをおこないます。

小宮豊心療内科・精神科医師、臨床心理士
1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設、2019年、こころの健康啓発を目的としたNPO法人LOTUSを立ち上げる。

心療内科医、精神科医、臨床心理士として積み重ねたキャリアを生かし、あなたがどうすればよいのか、一緒に考えて解決を図っていきましょう。

こころの病は他人に理解されづらく、それだけに本人は苦しいものです。薬は対症療法的な効果は期待できますが、根本的な解決にはならないこともあるのです。重要なのは「どうして、こうなってしまったのか」と、こころの根源的な部分に自分自身が向き合うことなのです。

当相談室は、相談者本人が医療コンサルタントとともに病に向き合い、究極的には自分自身と向き合うことで、こころの悩みを一緒に解決していくことを基本理念としています。

こころの悩みは、心理的原因のみから来るだけではありません。経済力や理解能力、生活環境なども複合的に影響していることが多いのです。そうした要因を探り、問題解決に導いて行くには薬だけでなく、心理療法が有効なことが多いのです。ここでは、相談者の気持ちを尊重しながら、心理療法のセッションを重ねていきます。

カウンセリングのご案内

初回時に、まず、あなたの話をじっくり聞かせていただくことからスタートします。あなたが訴えたいこと、聞いて欲しいことを、専門家としてじっくり、正確に聞き、分析し、あなたの悩みを共有します。それが、第一歩です。

通常の面接時間は60分程度です。あなたの状態次第で、長くなることもあるし、短いこともあります。回を重ねるごとに、あなたのこころの全体像が見えてきます。そこをしっかり、理解し、方針を立て、一緒にやっていきましょう。

カウンセリングの流れ

カウンセリング方法

通常の面接時間は60分〜90分程度です
ビデオ相談 テレビ電話を使用したリモート相談 ¥8,000
電話相談 電話を使用したリモート相談 ¥8,000
継続してカウンセリングが必要と思われる方は、各回の料金はご相談に応じます。詳しくは、初回のカウンセリングにてご相談ください。 お問合せ・ご予約
「こころの悩みがある。自分だけでは、どうすればよいのか」

心療内科医、精神科医、臨床心理士として積み重ねた医療コンサルタントのキャリアを生かして、あなたがどうすればよいのか、一緒に考えて解決を図っていきましょう。

「カウンセリングは受けたいけれど、薬は嫌だ」

投薬治療に抵抗感がある方は多いです。心療内科・精神科の専門医であると同時に、臨床心理士でもある小宮のカウンセリングを、ぜひ受けてみてください。

「医療機関にかかっているが、ろくに話を聴いてもらえず不満」

「こころの悩み相談室」の基本スタンスは、相談者の話をじっくり聞いて、こころの不調の軽減、解消を目指すことです。納得がいくまで聞きます。そこからスタートです。

「自分の悩みや行動が、果たして病気なのかも分からず、不安」

病気であるかどうかは、臨床心理士のカウンセリング結果も含め、心療内科・精神科の専門医である小宮が判断し、相談者が納得いくまで説明します。

「ご家族の方のみでもご相談ください」

こころの悩み事は、本人のみならずまわりの家族も悩ませることが多いものです。ご一緒に解決策をさぐりましょう。

お問合せ・ご予約

治療のイメージ

心理療法で治癒

うつ病と診断された病院では、ろくに話を聞いてもらえず、投薬ばかりで、あまり症状が改善しなかったAさん。まずAさんの不満や不安をじっくり聞き取ることからスタート。2回、3回とカウンセリングを重ねるうちに、うつに陥った原因が明確になり、問題を解決していくことで症状が改善。薬にほとんど依存しない状態にまで回復しました。心理療法が奏功した事例です。

カウンセリングと服薬

双極性障害と診断されたBさんは、処方された薬が効かないという不信感と不安感を抱いて「こころの悩み相談室」に来ました。双極性障害は心理療法でも一定の効果がありますが、なかなか改善しないこともあります。Bさんの薬に対する不信を心理療法で改善しながら、最終的には、医療機関を紹介し、効果的な気分安定薬服用し、「カウンセリングと薬を併用した治療」で、快方に向かいました。

専門病院への橋渡し

幻聴に悩まされているCさんへのカウンセリングの結果、統合失調症と考えられました。医療機関での服薬治療を中心に心理療法も行いましたが、最終的には、専門病院を紹介し、治療を継続されました。こうしたケースで大切なのは、ここでの治療内容などの医療情報を専門病院と共有することです。

こころに抱えている問題を、カウンセリングで解決するという方法もあります。あなたがどうすればよいのか、一緒に考えて解決を図っていきましょう。

営業日

10:00-17:00
火·木·金

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

カウンセリングルーム 地図

〒810-0033
福岡市中央区小笹4-1-12
Teiji BLDG 2F

西鉄バス(56,57,58系統)
小笹南口バス停より徒歩3分