連載コラムこころの点描


魂のふるさと

ジョージ秋山という漫画家の初期の作品に、「デロリンマン」があります。

彼、デロリンマンは人間を愛と正義によって救おうといろいろ東奔西走します。しかしなかなか彼の目的は成就しません。そんなデロリンマンを、人間は救えないほど堕落してしまっているので、無駄なことをしていると嘲笑うのがオロカ面(メン)なのです。

しかしデロリンマンとオロカ面の最後の対決のとき、オロカ面の仮面が剥がされました。そこにあったのは、デロリンマン自身でした。


2019.1.18掲載 / 連載