連載コラムこころの点描


記憶(思い出)の選択性

記憶(思い出)は夢(=願望)に近づきます。

知覚によって刻まれる記憶はその人の「意識の性質(状態)」によって規定されます。ですから同じものを見ても、人によってその記憶は違ったものになります。

『お前の目は節穴か』、『心ここにあらざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食えどもその味を知らず』という成句もあります。これらは「意識の選択性と指向性」を表しています。

つまり私たちの記憶は、正確な事実とは言い切れないのです。すべて「なかったこと」にもできるのです。

皮肉な言い方になりますが、幸せな記憶しかない人は「おめでたい」のです。こういうのを近ごろは「プラス思考」というのでしょうか。


2019.8.30掲載 / 連載

相談時間

10:00-17:00
休業日:火·水·土·日·祝

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

完全予約制となっております

ご連絡

こころに抱えている問題を、カウンセリングで解決するという方法もあります。あなたがどうすればよいのか、一緒に考えて解決を図っていきましょう。

〒810-0033
福岡市中央区小笹4-1-12
Teiji BLDG 2F

西鉄バス(56,57,58系統)
小笹南口バス停より徒歩3分