主なこころの不調

病院や診療所で「あなたの病気はこれです」と言われたら・・・
「私はこの病気じゃないか?」と心配になったら・・・

統合失調症=幻覚・妄想や意欲の低下などの症状や、それらにもとづく引きこもりが出現します。薬物療法が中心になりますが、一時的に入院しなければならなかった後に、規則正しい生活の指導(生活療法)や、現実感をとりもどすための適切なカウンセリングも有効です。
うつ病=意欲が低下し、不眠・食欲の低下をきたし、集中力・記憶力が低下するために仕事の能率がおちます。過労やストレスが原因の場合は、休養と症状の改善をはかる抗うつ薬とカウンセリングが有効です。
躁うつ病(双極性感情障害)=気分の高揚・興奮とそれに伴う不眠・多弁が出現する一方うつ状態・意欲の低下が定期・不定期に繰り返す障害です。薬物療法がそれなりに有効ですが、自分の病気を理解し、再発をふせぐようなカウンセリングが必要ですし有効です。
依存症=アルコールや薬物依存、最近ではギャンブル依存、インターネット依存、恋愛依存など幅広く依存症は認められるようになりました。薬物療法はほとんど効果がなく、集団精神療法や個人カウンセリングが有効です。一時的に入院が必要な場合も あります。
摂食障害=食行動の異常で、拒食・過食やその交代を繰り返す場合やアルコール依存と混合している場合も有ります。思春期の女性に発症することが多く長年におよび時 には命にもかかわります。本人の考え方や性格とストレスが関与している場合が多く カウンセリングによる治療が重要な位置を占めます。

*生育歴(=環境) 上記の統合失調症、うつ病、双極性感情障害、依存症、摂食障 害や性格の障害、発達の障害すべてに何らかの形で「成育歴」はかかわっています。家庭内で弱い立場にある人への身体的・心理的虐待(DV)などが原因で起きる心身の不調もありますし、貧困という経済的な原因もあります。総合的な視点でのカウンセリングが必要ですし有効です。

相談時間

10:00-17:00
休業日:水·土·日·祝

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

完全予約制となっております

ご連絡

カウンセリングルーム 地図

〒810-0033
福岡市中央区小笹4-1-12
Teiji BLDG 2F

西鉄バス(56,57,58系統)
小笹南口バス停より徒歩3分

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設、2019年、こころの健康啓発を目的としたNPO法人LOTUSを立ち上げる。