連載コラムこころの点描


「最後の荒野=フロンティア」は?

アメリカ合衆国の西部開拓時代に、先住民(インディアン)と戦いながら白人入植者が東から西へと居住地を拡大し、とうとう1890年に太平洋岸に行き着き「フロンティア」は消滅したとあります。

フロンティアの向こう側には何があるか分からないから興味津々でしたでしょうね。ゴールドラッシュもありましたしね。現在の「フロンティア」は何でしょうか?

それは何と言っても、あの「宇宙」ではないかとお考えでしょうか・・・。小惑星の破片がもたらされたり、宇宙飛行士が活躍したり、私たちの視線は外側へ、外側へと向かっています。そして過去の出来事(地球や宇宙の生成)へも向かっています。

しかし、私の考える「宇宙」は、それ(外側の宇宙)を成り立たせている「こころ」なんです。私たちの外側に生起するものは、全て私たちの「こころ」が規定しています。現在にして「最終のフロンティア」は、私たちの「こころ」に他なりません。


2020.11.26掲載 / 連載

〒814-0123
福岡市城南区長尾4-11-8 2F

営業日

10:00-17:00
火·木·金

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制になっております。

※新型コロナウイルス感染防止対策への取り組みとしまして、現在は、ビデオ・電話でのご相談のみ行っています。

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設。
カウンセラーのプロフィール