メンタルヘルス対策のポイント


承認欲求を無理やり抑え込んだ先には…

「自分を受け入れ、認めてほしい」という「承認欲求」について、心の健康を守るという観点から少し掘り下げましょう。「弱い自分を守り、傷つきたくないので正当化する」という、傷つくことからの「防衛」は個人最大の行動要因です。「承認欲求」が満たされれば、生きがい、喜び、自己満足、自己肯定感が生まれます。しかし、他人はさまざまな異なる感情や価値観を持っているので、自分の「承認欲求」は簡単には満たされませんし、認められずに「傷つく」ことも多いのです。人が「建て前」と「本音」を分けてしまうのも、「へたに自己の承認欲求を前面に出すと、周囲から批判されてしまうかも知れない」と構えてしまい、自分の本当の気持ちを抑え込んで、「欲求を否認する」ことを選択することで、自分が傷つかないようにしているのかもしれません。

春秋時代の中国の思想家・哲学者である孔子は、「論語・子路」で「子曰く、君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」と言っています。その心は、「君子は誰とでも調和するものだが、道理や信念を忘れてまで人に合わせるようなことは決してしない。そういう人物たれ」ということです。これを企業内という環境に置き換えると「優れたビジネスマンは、多くの意見をしっかり聞くものだが、企業理念やコンプライアンスに反してまで上司の言うことに唯々諾々と従ってはいけない。優秀なビジネスマンほど自分の意見ははっきりと言うべきである。つまらない人材ほど、従順に同調しているように見えても、心から信奉しているわけではないのだ」ということになるでしょう。

現実には、もし孔子の言葉をそのまま会社で実行すれば、上司ににらまれ、同僚からは協調性のない奴だと思われかねません。そこに自己規制が働きます。意思に反してそういう行動を重ねるとストレスが生まれます。「おかしいよな」「ありえないよな」「長時間働かないといけないなんて、辛いけど、いやな顔はできないものなあ」と疑問や不満を増幅させ、我慢しながら働き続けて、どういう結果が出るでしょうか。

LOTUSでは、このホームページ上に掲載している事例紹介や考え方に基づき、「こころの病を発症しないためには、どうすればよいのか」「従業員がうつ病などにならないようにするには、どのような人事政策や労務管理が求められるのか」「従業員がやりがいや達成感を感じられる職場を作り、こころの病に悩まされる従業員が発生しない会社にするにはどうすればよいのか」といった具体的なテーマを設定し、対処療法よりも防衛策に力点を置いた研修会、および講演活動を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。


〒814-0123
福岡市城南区長尾4-11-8 2F

営業日

10:00-17:00
火·木

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制になっております。

※新型コロナウイルス感染防止対策への取り組みとしまして、現在は、ビデオ・電話でのご相談のみ行っています。

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設。
カウンセラーのプロフィール