メンタルヘルス対策のポイント


「自分」は単一ではなく多面的存在

集団と個人との関係について教訓的に伝わる言葉に「柳に雪折れなし」があります。雪が積もると固い木は重みに耐え切れず折れてしまうことがあるが、しなやかな柳の枝は、雪の重みを受け止めてしなるので折れることがない。「柔軟性が大事だよ」と言っているのですが、皮肉な言葉に置き換えると「長い物には巻かれろ」「触らぬ神に祟りなし」ということになるでしょうか。こうした世知は世界共通ともいえるようで、英語圏でも、”Oaks may fall when reeds stand the storm.” という格言があります。「嵐に遭っても柔らかな葦は耐えるけれど、樫の木は倒れてしまう」。よい意味でとらえるならば、こうした言葉は「自分(個人)」と「組織」との関係を「自分を失わずに、ぎりぎりまで組織に対して適応的にもっていこう」という気持ちを表しているといえます。

仏教には「十界互具」という教えがあります。これは、人は静かに内省すれば、己の中に「残酷な地獄(鬼)の心」もあれば「他人を気づかう仏(ホトケ)の心」も同時に存在していることが自覚できる、というものです。簡単に「自分」と言ってしまいがちですが、「自分」とは決して単一ではなく、さまざまな思いが交錯している多面的な存在であるという真理を認識することが大事です。

人の気持ちは、とても複雑です。身体の傷にはすぐ気がつくのに、自分自身のこころの傷には、自分でもなかなか気付かないものです。これだけ、うつ病など心の健康をむしばむ実態が広く知られてきているのに、「自分がこころの病などになるわけがない」と思いがちなのです。

それは何故でしょうか。そこには「防衛」というものが存在しているのです。自分自身は決して傷付きたくない。そういうところに、知らぬ間に働いてくるのでしょう。そうした実態があるだけに、「自分の精神状態を知って、しっかり対策を講じる」というセルフケアは、その重要性に比して、現実にはなかなか困難というのが実情です。仕事帰りに居酒屋に寄って、憂さを晴らす。その程度でも、一定の効果はあると思いますが、つまるところ一時しのぎでしかありません。抜本的な対策、とりわけ、そういう事態に陥らないようにする「事前防衛」という手段を、個人としても、企業や団体の組織としても選択する必要があるのです。

LOTUSでは、このホームページ上に掲載している事例紹介や考え方に基づき、「こころの病を発症しないためには、どうすればよいのか」「従業員がうつ病などにならないようにするには、どのような人事政策や労務管理が求められるのか」「従業員がやりがいや達成感を感じられる職場を作り、こころの病に悩まされる従業員が発生しない会社にするにはどうすればよいのか」といった具体的なテーマを設定し、対処療法よりも防衛策に力点を置いた研修会、および講演活動を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。


〒814-0123
福岡市城南区長尾4-11-8 2F

営業日

10:00-17:00
火·木

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制になっております。

※新型コロナウイルス感染防止対策への取り組みとしまして、現在は、ビデオ・電話でのご相談のみ行っています。

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設。
カウンセラーのプロフィール