メンタルヘルス対策のポイント


人が最終的によりどころにする場所とは

この「個人の章」で最後にお伝えしたいことは、「依存」です。依存するということは、我々のこころの実態を示しています。具体的に挙げれば「助け合いと甘え」です。人は、何にも依存せずに生きていくことはできないのです。人が依存する対象、よりどころとする存在。その一つは家族・配偶者です。この繋がり以上の密接な情緒的、存在的な繋がりはないでしょう。だからこそ、彼らとの関係の不調は、ほぼ絶対的な影響を人生に与えてしまいます。

最も大切な家族・配偶者。その上に成り立つ地域や社会、国、世界。そこで必須になるのはコミュニティです。近年、信じられないような災害が続発しています。そんな中で、行政が盛んに喧伝し始めているのが「自助・共助・公助」の「三助」です。災害時に、自分自身の命は自分で守るというのが「自助」。町内会や学校区レベルの、いわゆる顔が見える地域コミュニティで力を合わせるのが「共助」。国や自治体などの公的機関が災害に関する大きな問題を解決するのが「公助」とされています。これは江戸時代に出羽国米沢藩(現在の山形県や秋田県付近)の藩主・上杉鷹山が唱えた「三助の実践」が原型といわれています。あえてコミュニティという言葉を広めなくてはいけない理由は、日本の風土にあります。長く封建制が続いた日本では上下関係にとらわれやすく、真の意味で「協力=共力」することが苦手です。私たち日本人は、孤立することを嫌う一方で、その対極にある「お互いを尊重する」という意味での人権意識が薄いようです。この結果「真のコミュニティ」を形成しにくいのです。

そういう日本人的メンタリティはありますが、看過していては事態が悪化する一方です。家庭においては「話せる家族環境」を作り上げていくために、家族全員の協力が必要です。企業や団体においては、「腹蔵なく意見が言える風通しの良い社風」を作るために、そこで働く一人ひとりが、いかにしてコミュニティ能力を身につけていくか。企業がどのようなロードマップで人材のコミュニティ能力を形成していく企業戦略を練るか。それがこれからの「心の健康」をキープした従業員による企業の進化、そうした企業や団体を包み込んだ「心の健康を維持する社会」形成につながるポイントです。

LOTUSでは、このホームページ上に掲載している事例紹介や考え方に基づき、「こころの病を発症しないためには、どうすればよいのか」「従業員がうつ病などにならないようにするには、どのような人事政策や労務管理が求められるのか」「従業員がやりがいや達成感を感じられる職場を作り、こころの病に悩まされる従業員が発生しない会社にするにはどうすればよいのか」といった具体的なテーマを設定し、対処療法よりも防衛策に力点を置いた研修会、および講演活動を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。


〒814-0123
福岡市城南区長尾4-11-8 2F

営業日

10:00-17:00
火·木

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制になっております。

※新型コロナウイルス感染防止対策への取り組みとしまして、現在は、ビデオ・電話でのご相談のみ行っています。

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設。
カウンセラーのプロフィール