メンタルヘルス対策のポイント


心の奥に潜む健康な部分と病的な部分

氷山を見たことがありますか?1912年4月14日、当時世界一と称賛されていた豪華客船「タイタニック号」が衝突し、沈没した原因となったのが氷山です。氷山は、氷河あるいは棚氷から海に流れ出した大きな氷の塊のことで、密度は920キロ/立方メートル。一方、海水の密度は1025キロ/立方メートル。わずかに氷山の方が軽いため海に浮かんでいますが、海面上に見えている氷山は全体の10パーセントであり、残りの90パーセントは水面下にあります。このことから「表立ってみえるのはごく一部であって、大半は見えないところにある」という意味で「氷山の一角」という言葉が使われます。

複雑な「こころの病」を「人間関係におけるコミュニケーションの障害」ととらえるならば、「こころの病」の状態をすべて認識することは困難です。本人の自覚や、第三者の観察や診断で分かっている部分はいわば海面上に顔を出している10パーセントの氷山にすぎません。残りの90パーセントは見えていません。その下には、さまざまな人間の「こころの健康的あるいは病的傾向」が潜んでいるのです。それは、前向きの気持ちや協調性といったプラスの面と、自己中心、嫉妬、妬みといったマイナスの面が混在しています。幅広く、つかみどころがないという面もあります。このように考えると「こころの健康」のイメージが明瞭になり、「そもそも、何が健康なのか」という根本的な問題についての考察も深まるのです。

LOTUSでは、このホームページ上に掲載している事例紹介や考え方に基づき、「こころの病を発症しないためには、どうすればよいのか」「従業員がうつ病などにならないようにするには、どのような人事政策や労務管理が求められるのか」「従業員がやりがいや達成感を感じられる職場を作り、こころの病に悩まされる従業員が発生しない会社にするにはどうすればよいのか」といった具体的なテーマを設定し、対処療法よりも防衛策に力点を置いた研修会、および講演活動を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。


〒814-0123
福岡市城南区長尾4-11-8 2F

営業日

10:00-17:00
火·木

Calendar Loading
  1. Schedule Loading

お問合せ・ご予約

 092-566-9956

※完全予約制になっております。

※新型コロナウイルス感染防止対策への取り組みとしまして、現在は、ビデオ・電話でのご相談のみ行っています。

※カウンセリング中または営業時間外にお電話をいただいた場合は、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

ご連絡

小宮豊(心療内科・精神科医師、臨床心理士)

1949年生まれ。佐賀県佐賀市出身。両親の転勤で愛知県名古屋市に移る。1974年に名古屋大学理学部物理学科卒業後、奈良県立医科大学に入学し、1984年に卒業。同年、九州大学医学部心療内科教室に入局。1985年より済生会福岡病院(福岡市:内科)、久徳クリニック(名古屋市:内科、小児科、呼吸器科)、古賀病院(福岡県久留米市:内科、呼吸器科)、不知火病院(福岡県大牟田市:精神科、内科)などの勤務医を務める。1990年、精神医学をさらに深めるため、福岡大学医学部精神科教室の研究生となる。1991年、日本心身医学会の認定医となる。1993年、福岡臨床研究所を設立し、同年小宮クリニックを開院する。1996年、日本臨床心理士認定協会認定心理士を取得する。2001年より、福岡・久留米・北九州にてホームレス支援活動に加わり、無料診察を行う。2018年、保険診療に縛られない「こころの悩み相談室LOTUS(ロータス)」を開設。
カウンセラーのプロフィール